始まりという名の終わり

魔龍 銀が同名だけど同じ名前の主人公を困らせるサイト…の、はず? 最近は恭也を困らせてるなぁ……(ちょっw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恭也の散々な一日~リンディ編~

はい、本編始まる前に注意書きです。
この物語は、原作であるとらハが基準でその物語にTV版リリカルなのはが注ぎ込まれています。
よって、士郎さんは死亡、恭也は恋人なしでなのは・フェイトは11歳です。
その事を了承できる方のみお読みください。
では~

恭也の散々な一日~リンディ編~




色々と大変な思いをしている俺だが、本日は割と平和だった。

いつも流されたり、微妙に暴走しがちだが、普段は割と他の子達と比べて普通のフェイトの家にお邪魔しているからだ。

――――ま、まぁ、後々なのはやはやて達が微妙に恐ろしいがそれは今は忘れよう、うん。

ともあれ、のんびりと夕食を頂いた俺はクロノくんと共にのんびりとテレビを見ていた。

うむ、男だけの空間は素晴らしい! そっちの趣味は無いが、周りが余りにもアレでここ最近俺は赤星を含めてほとんど男友達と話す機会がなかったからな。



「いや、しかしこの前は済まなかったな」

「い、いえ……何時もの恭也さんに比べればそんな、なんでもありませんよ」

「いやいや……なのはに聞いたぞ、アリアさんとロッテさんだったか? 確かその後にも……」

「それを言ったら恭也さんなんて……」



エイミィさんとリーゼ姉妹にされたことを聞き、思わず涙が出そうになったのは記憶に新しい。

お互い涙ぐみながら慰めあっていると。

リンディさんが顔を出した。



「どうしたの、恭也さん、クロノ?」

「いや、なんと言うか……」

「同属に連帯感を持つというかなんと言うか……」



思わず哀愁が漂いそうになる俺達を見て、リンディさんは苦笑した。

そして、ふと、思い出した。



「そういえば、フェイトは大丈夫ですか?」

「……ええ、大丈夫よ、問題はないわ」



クスリと笑いながら言うリンディさんに、俺とクロノは最近会得した、謎のレーダーにいやな反応を示した。

俺とクロノは顔を見合わせた。



(恭也さん……!)

(分かっている、とりあえず君はここから離れたほうが、いい……!)

(そんなっ! 恭也さんを見捨てることなんて……!?)

(大丈夫だ、幸い相手はリンディ提督、狙いは俺ではない可能性が大きい……と、思う。 何せ、フェイトに色々と仕込んでいるのだからな)



よく分からないが、同じ境遇のもの同志、俺達は視線での会話を済ませると、クロノは目の端に涙を溜めながらも立ち上がった。

だが、これが、これこそが今晩の運命を決めることになるとは思わなかった――――!

繰り返すが、リンディさんはフェイトに色々と仕込んでいたのだ。 そう、このリンディさんが!



「そ、それじゃあ、ボクは部屋に戻るから」

「あら、そう? ゆっくりとしてね。 そう、ゆっくりと、ね、クロノ……」



奇妙な違和感を覚えるクロノ。

だが、今この場に居るのは良く無いと直感的に理解したのか、戦術的撤退をした。

残されたのは、俺とリンディさんだけだった。



「恭也さん?」

「は、はい……」



喉がからからになりそうになりながらも、俺は必死に声を絞り出す。

リンディさんは苦笑しながら、俺に語りかける。



「緑茶でもいかがですか?」

「あ、ありがたく頂きます」



どもりながらも、リンディさんが入れてくれたお茶を飲む。

ふぅ……人心地ついた――――



「ところで、フェイトさん‘達’とはうまくいっているかしら?」

「ぶっふうううううううううううう!?」



――――ところで、思いっきりむせる。

げほっげほっ……と、むせるているとリンディさんが背中を摩ってくれた。



「す、すみません」

「いえいえ、それで?」

「あ、いや……その?」



さ、流石に関係を持っていることをリンディさんに知られるのは……とか、思っていたがリンディさんは俺の予測斜めをいく言葉を返してきた。



「もう、恭也さん激しいんですってね♪ フェイトが嬉しハズカシで言ってましたよ♪」

「――――フェイト、君は」



るーと、目から涙がこぼれるが、今この場でそれを気にする人間は居なかった。

リンディさんは微笑みを浮かべると、俺の元へと擦り寄ってくる。

って、ええ?



「知ってます、恭也さん?」

「え、は、はぁ……?」

「ふふふふふふ」



背筋が凍るような何かが通り抜ける。

リンディさんは着ている服の胸元をはだけた。

リンディさんのふっくらとした柔らかい胸がゆっくりと晒されていった。



「私だって、もてあます時もあるんですよ?」

「な、何を!? り、リンディさん!?」

「特に、フェイトとあなたの事を聞いてたら、それはもう」



にっこりと妖艶に笑いながらリンディさんは言った。

ちょっ、この流れは、まずっ……!



「り、リンディさん……流石にクロノが居ますから……!」



俺は、必死に戦友である少年を出汁にする。

すまない……! だが、今の俺にはこれしか切り抜けるすべが無いんだ……!



「あら、クロノですか? クロノでしたら……」

『ちょっ、なんでここに居るんだ、エイミィ、アリア、ロッテ!?」

『うふふふふふ、クロノくぅ~ん♪』

『クロ助、遊びに来たぞ~』

『クロノ、久々にちょっと新しく試したいことあったから』

『ちょっ、三人とも、止め、あ、ああああああああああ!?!?!!」


「……………」

「うふふふふふ」



さらば戦友、お互いにもう逃げ切れないんだな……

いつの間にか、バインドで拘束されていた俺はズルズルと寝室の方へと引っ張られていく。



「さぁ、今夜は眠れせませんから~♪ フェイトもさっきからスタンバッてますよー」



るーと、目の幅涙を流したまま俺はリンディさんの寝室に連れ込まれ――――

バタンとそのままドアが閉まった。













翌朝――――




「あふぅ……恭也さんって凄いのね、途中から攻守が完全に入れ替わってたわ……」

「うん、ここ最近、同時に4人相手していたこともあったから……」



うっとりと囁く二人に、気力ゼロの俺には何も答えられなかった……

頼む、誰か俺か作者を殺してくれ……
スポンサーサイト
  1. 2007/06/18(月) 13:52:00|
  2. 恭也の散々な一日(とらハ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<コメントなどの返信 | ホーム | 魔法騎士高町恭也~リリカル~ 第七話-2>>

コメント

クロノお前もか…
そして、恭也、『親娘丼』おめでとう!
よし、次は桃子さんでGOだ!(マテ

ある意味、俺も作者側の人間だからな…
って事は、俺も共犯?
…その内、俺(or俺の所のオリキャラ)に襲撃が来そうだな…

あぁ、因みに、第2の被害者(?)は、ザフィかと予想してたんだがね。
  1. 2007/06/19(火) 06:39:42 |
  2. URL |
  3. (仮) #mQop/nM.
  4. [ 編集]

恭ちゃん、ちょっともてすぎ(*´д`*)
誰でもいいので一人うちにもください(ぁ
  1. 2007/06/18(月) 20:58:05 |
  2. URL |
  3. 桜庭 #-
  4. [ 編集]

女に溺れて溺死しろ・・・と言ってみる

ブルータス(リンディ)、おまえもか!!
いったい何人増える事やら・・・前におっしゃった魔法騎士の恭也だったら最低三人増えるのか・・・。
そして、別の意味でブルータス(クロノ)、おまえもか!!(爆
あの三人か・・・恭也よりは苦労しなさそうですが、StSのころになればさらに増えそうですねぇ・・・恭也もでしょうが。
そして、どんどん行為中だけは優位に立てるようになる恭也とクロノ・・・男の敵共め~~~。
次も楽しみにお待ちしています、頑張ってください。

PS 魔法騎士の方ですが、更新が早く、続きを楽しみにしている身としては大変嬉しいのですが、少し一話づつが短いようにも思えます。えっと・・・ぶっちゃけ、感想が書き込みずらいので、少しゆっくりでもいいのでまとめて戴けると嬉しいかなぁ、と思っております。(一言感想を拍手で送れといわれてしまえばそれまでですが)
  1. 2007/06/18(月) 16:14:46 |
  2. URL |
  3. 羅陰 #-
  4. [ 編集]

恭也ファイト!?

恭也の散々な一日第8弾読みました、今回はクロノも餌食になっているw恭也はリンディさんとフェイトに喰われクロノはエイミィとリーゼ姉妹に喰われて次は恭也が誰の餌食になるのか楽しみ?です。
それでわ次回作も楽しみにしています。
追伸 作者は誰にも殺されない・・・ww
  1. 2007/06/18(月) 15:35:52 |
  2. URL |
  3. クローバーハート #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://knightofdarkness.blog48.fc2.com/tb.php/83-c86613ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

魔龍 銀

Author:魔龍 銀
とりあえずいつもボコられている。
けどすぐに復活する、流れのSS作家(笑)
カードゲームとか大好き。
同じ名前の主人公が居るけど作者とは別人。

カウンター


無料カウンター

二次・三次投稿掲示板

三次投稿掲示板

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

web拍手

フリー

フリーエリア

mail:souryu_5@hotmail.com FC2動画

フリーエリア

フリーエリア

  1. 無料レンタルサーバー

google

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。