始まりという名の終わり

魔龍 銀が同名だけど同じ名前の主人公を困らせるサイト…の、はず? 最近は恭也を困らせてるなぁ……(ちょっw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恭也の散々な一日~リィンフォースⅡ編~

はい、本編始まる前に注意書きです。
この物語は、原作であるとらハが基準でその物語にTV版リリカルなのはが注ぎ込まれています。
よって、士郎さんは死亡、恭也は恋人なしでなのは・フェイトは11歳です。
その事を了承できる方のみお読みください。
では~
恭也の散々な一日~リィンフォースⅡ編~






先日の惨劇を辛くも乗り切った俺は、自宅の自室に置手紙をして旅に出ていた。

主だった目的は自分探しの旅である。

ここ最近の自分の行い(本人はそう言ってるが、ほぼ全部被害者側である)を思い、正直死にたくなったのだ。

実際、切腹も考えた、いやマジで。

――――なのは達に止められたが(もちろん、その後更正という名目で美味しくぱくりといただかれた……)

とりあえず、そんなこんなで各地を旅してきて居たわけだが……



「むがぁーーー!!!」



万年、桜の咲いている島で、金髪でツインテールのフェイトちゃんそっくりの子に「ごめんねー」と言われながら捕獲され拘束された……魔法で。 迂闊すぎだ、俺。 もっと精進せねば。

そして、そのまま俺はその島に偶然来ていた――――はやてちゃんに引き渡された。



「恭也さん、いかんよー? みんな心配していたんやから♪」



そういうわりには楽しそうだッた。

大型犬(いや、これは狼、か?)の上でじたばたしてもよっぽどきつく縛ってあるのか解けそうに無い。

彼は――――確か、ザフィーラか。

一瞬振り向いたザフィーラの目には、哀れみと憐憫の色があった。

その目を見ただけで、嫌な予感が倍増する。



「そういえば主、この者を捕獲してどうするんですか?」

「んー、ヤることはきまっとるんやけど、それ以外は考えてなかったなー」

「暖かいですぅー」



ちょっ、何か発言がおかしくないか!?

なぜか、はやてちゃんの方ではなく俺の体の上にいるリィンフォースⅡ。 ちょぉっ!? ななななな、なんで下半身の方へドンドンずり下がってきてるんだ!?

ちなみに、ザフィーラの哀れみの視線は倍倍で跳ね上がっていたりする。



(助けてくれ!)

(……すまん、同じ男としてもどうにかしてやりたいが、我が主がお望みなのだ)



ぐっ……! これでは、ヴォルケンリッター……って、ちょっ、リィンさん!どこ触ってるんですか!?

思わず敬語になってしまう。

てっこら、ズボンのファスナー開けない、ちょっ、なかに入るのは……アッー!!!!



「あー、リィン、気が早いで?」

「はやてちゃん、でも、我慢できないですよぅー」



そう言いながら、すりすりと頬を擦り付ける。

へ、変なところにではないぞ!? 一応。



「んーせやな、うちもなんか気が急いてきたし……転移魔法でもどろか?」

「もがもがもがもが!!(俺は旅の途中だ!!)」

「気にしたらあかんよ♪」



何故か通じているが気にしてはいけない。

魔方陣が展開され、俺達の姿はその中へと消えた……













その次の日の明け方……

俺は、八神家で白む空を見ていた。

周りにいるのは、リィンフォースⅡと八神家主、はやてちゃん、そしてヴィータちゃんだった。

他のメンバー? 何故か三人とも(うち一人はあえて)予定がはいっていたからしく悔しがって居た。

ありがとう、予定を入れてくれた人達!













某所





「そっか……はやてちゃん、そうなんだ」

「うん、迂闊だったよね、なのは……」



微笑みを浮かべているのは、白と黒の天使達。

だが、その微笑とは裏腹に辺り一帯には闇が沈殿し、全てを滅ぼしかねないほどの強力な魔力が漂っている。

管理局? 辺り一帯に結界を何百重に現在進行形で張ってますが何か?

ガチャン、ガチャンと二人の持っている杖から音がする。

ちなみに、お二方とも既に最強形態だったりする。

そして、その心情を表すかのように魔力が燐光となって宙を漂っていた。

この二人、海鳴に恭也の存在を感じ取り慌てて戻ってきたのだ。 そして、この光景……



「ふふふふふ……そういえば、ヴィータちゃんに前のお礼をしてなかったね……」

「……恭也さんは渡さない……」



二人の少女はそれぞれの持っているデバイスを構えると魔力を溜めていく。

白の少女が宣言するように囁いた。



「逝くよ、レイジングハート」

「A…All right. my master」



黒の少女が、腰だめにもつ剣をゆったりとした動作で構える。



「バルディッシュ、久方ぶりに血を吸わせてあげるよ」

「Y…YES,SIR」



デバイスドン引きである。

二人の少女の足元に、魔方陣が展開されていく。

白の少女は砲撃の構えを。

黒の少女は斬撃の構えを。

そして、宣言する。



「スターライト――――」

「雷光――――」



そして、その後の言葉は、轟音によって掻き消された……













作者:……………
魔龍:うむ、なかなか見事な薙旋×10
恭也:はぁはぁはぁはぁ……
魔龍:流石に、アレだけやれば作者も死んだだろう、10分は。
恭也:人間止めてますね……
スポンサーサイト
  1. 2007/05/27(日) 09:57:54|
  2. 恭也の散々な一日(とらハ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<魔法騎士高町恭也~リリカル~ プロローグ | ホーム | とらいあんぐるSHUFFLE!~お姫様と恭也君のLove Love Fantasy~ 第二話>>

コメント

楽しませて(?)見させてもらいました。相変わらずかなり恭也が悲惨な目にあっていますが大好きですwwというか初音島でさくらさんに捕まったのか…………次回作をもの凄く楽しみにしております
  1. 2007/05/28(月) 18:01:46 |
  2. URL |
  3. 通りすがりました #mQop/nM.
  4. [ 編集]

余は満足じゃ(ぉぃ

待ってました恭也の受難シリーズ最新作今回はリインフォースⅡ編ですかあのちっちゃい体でナニが出来るのか気になるけど・・・それと某所のなのはとフェイトが嫉妬で完全武装してるのがいいですね~それでわ次回作を期待してます
  1. 2007/05/27(日) 22:58:47 |
  2. URL |
  3. クローバーハート #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://knightofdarkness.blog48.fc2.com/tb.php/39-d94eb316
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

魔龍 銀

Author:魔龍 銀
とりあえずいつもボコられている。
けどすぐに復活する、流れのSS作家(笑)
カードゲームとか大好き。
同じ名前の主人公が居るけど作者とは別人。

カウンター


無料カウンター

二次・三次投稿掲示板

三次投稿掲示板

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

web拍手

フリー

フリーエリア

mail:souryu_5@hotmail.com FC2動画

フリーエリア

フリーエリア

  1. 無料レンタルサーバー

google

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。