始まりという名の終わり

魔龍 銀が同名だけど同じ名前の主人公を困らせるサイト…の、はず? 最近は恭也を困らせてるなぁ……(ちょっw

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恭也の散々な一日~フェイト侵入編~

このお話は、前のなのは・フェイト編の前の話に当たる。
むしろみんなで突っ込もう、リンディさんあんた何を教えてるんだー!! っと(笑)
はい、本編始まる前に注意書きです。
この物語は、原作であるとらハが基準でその物語にTV版リリカルなのはが注ぎ込まれています。
よって、士郎さんは死亡、恭也は恋人なしでなのは・フェイトは11歳です。
その事を了承できる方のみお読みください。
では~











恭也の散々な一日~フェイト侵入編~





抜き足、差し足、忍び足……

確か、日本語の中にはこんな言葉があったような気がした。

今、私は高町家の中を足音を立てないように静かに動いている。

目的は唯一つ、なのはのお兄さんの部屋……

お兄さんの部屋に行って何をするか……勿論(ポッ)

大丈夫、リンディさんに男の人を落とす方法は聞いてきたから……布団の中にもぐって、裸になって……後は、朝起きたら激しかったって言えば言いだけだから(注:激しく間違ってます)

私がお兄さんを好きになったのは、お兄さんと始めて会ったとき……

あのとき私の心臓は早鐘のように脈打って、頬がカァと赤くなるのを感じたの。



「ここ……だよね」



静かにささやく。

そういえば、お兄さんって武術の達人だったよね……?

もしかしたら、部屋に入る前に気付かれるかもしれない……あ、そうだ。

リンディさんに貰ったものがあったんだ……

ゴソゴソとポケットの中から取り出したのは小さな袋だった。

なんでも、強力な睡眠薬らしくどんな人でも直ぐに寝ちゃうものらしい。



「確か……こう」



袋を開けて少しだけ空けた隙間からそれを部屋の中に放り込む。

閃光。

――――中を見てみると変化はない、お兄さんも目を覚ます気配はなかった。



「……大丈夫みたい、だね」



私は、部屋の中にコソコソと入っていくと、リンディさんに言われたとおり服を脱ぐ。

この時、乱雑に置いておく方が良いといわれたのでわざとそこいら辺に服を脱ぎ捨てる。

――――そうだ、もう一つ。

私は、思い至り恭也さんの服も少しずつ脱がしていく。

恭也さんが下着姿になったときにそれを止めて布団に入り込む。



「ん……あったかい……」



恭也さんの温もりは本当に暖かかった。

――――今夜は良い夢を見れそう……

私は恭也さんの体に自分の体を絡めながら静かに瞳を閉じていった……




















「あ、忘れてた……」



そういえば、リンディさんがもう一つやっておいた方が良い事があるって……

ゴソゴソと自分の服の中から赤い絵の具を取り出す。

ものすごく赤くて血よりも僅かに薄い位の赤……

これを、布団のここら辺に……着けとけばいいんだよね。



「ん……」



私は、心の中でごめんなさい、と謝ると、布団の下部に少しだけ絵の具を塗りつけた。

これで、本当に大丈夫……



「……おやすみなさい……」



私は、今度こそ本当に瞳を閉じ、恭也さんのぬくもりに包まれて眠った。





















座談会




作者:フェイト侵入編です~
恭也:……こんなことがあったのか
魔龍:……むしろ、リンディさん、何を教えているんだと突っ込むべきだと思うんだが……
フェイト:ん……でも、結局あの赤い絵の具は……
恭也&魔龍:ストップ!
フェイト:???
作者:これ以上言うと、登載禁止になっちゃう可能性があるのでここでとめておきま――――
恭也&魔龍:お・ま・えが言うなぁぁぁぁぁぁ!!
作者:ゲフゥゥゥゥゥゥッ!?(ダウン)
フェイト:……………
恭也:そういえば、一つ気になっているところがあるんですが……
魔龍&フェイト:?
恭也:作中で、フェイトちゃんが頬を(ポッ)って、染めてる部分がありますよね?アレって……
フェイト:……だって、いくら寝ているとはいえ……裸になるのは恥ずかしいですから……
恭也&魔龍:……………
スポンサーサイト
  1. 2006/09/08(金) 14:33:36|
  2. 恭也の散々な一日(とらハ)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<久しぶりなのですが・・・ | ホーム | 恭也の散々な一日~フェイト・なのは編~>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://knightofdarkness.blog48.fc2.com/tb.php/10-aca2fb1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

魔龍 銀

Author:魔龍 銀
とりあえずいつもボコられている。
けどすぐに復活する、流れのSS作家(笑)
カードゲームとか大好き。
同じ名前の主人公が居るけど作者とは別人。

カウンター


無料カウンター

二次・三次投稿掲示板

三次投稿掲示板

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

web拍手

フリー

フリーエリア

mail:souryu_5@hotmail.com FC2動画

フリーエリア

フリーエリア

  1. 無料レンタルサーバー

google

カスタム検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。